口のして、思い出される、夏の感触。遠くから、聞こえてくる、食卓の音。

帰りの合図、

2011年6月24日-27日水天宮ピット大スタジオ
(芸劇eyes特別編「20年安泰。」参加)
撮影|田中亜紀

チラシより

じりじりと、もう暑くなってきた、東京、2011年、5月、である。
夏から夏まで、どう泳ぐか考えている最中である。
もう上京して八年目、東京の夏なんていつまでも慣れないよ、なんて思ってたけど、いい加減、慣れてきちゃったよ、それほどに、あの頃から時間、経っちゃったよ。
あの頃、そうそう、東京に向かう始まりの駅、北海道、伊達市、僕、18歳、同い年のヤツらに見送られた、親父も遠くからこっち、見てたっけ。
僕は電車で東京に向かった、どんどんと遠ざかる、北海道、伊達市、青函トンネルを抜けたあたりで、僕は、あの街に、あの家に、あの食卓に、もう帰らない、と、決めた。もう帰れない、と、思えた。思えてよかったんだ。
あそこには僕に、作文教えてくれた人がいる、演劇教えてくれた人もいる。
わけのわからない喧嘩をしたヤツもいるし、知ったこっちゃないけど、最近じゃ子どもとかできたヤツもいるらしい。
いつもふとした拍子に脳裏に浮かんでくる、その人たち、に、
僕はあの日、帰らないと決めて、帰れないと思えて、よかったんだけど、
帰りの合図は鳴った、ようだ。僕はこの合図に戸惑っている。
あの日から所在地わからぬまま、居場所も定まらぬまま、彷徨ってばかりの僕は、帰ること、できるのかな、待ってる街は、家は、食卓は、あるのかな。どうかな。
今年、2011年、夏から夏まで。泳ぎながら、確かめようと思う。
帰るということ、待ってるということ、
それは、どこに?どこで?
そこは、きっと。

5/22 藤田貴大

パンフレットより
「日々の路地でのサヴィヴ、及び、マームとジプシー的、帰るということ、その帰路、偶然にして、雨だった。みたいな。」

苛々することばかりで虫の息でも、やっぱお腹はすく、すくすく、すく。
そのことに驚き、隠せない。すいているぞ、今、すいてるぞ、と、心、躍る。
その時、僕きっと、前のめり、自分に対して、すごーく、のめってる。
お腹はすく、すくすく、どうしようもなく、その日々、が、なんだかなぁ、と、泪する。
晩ごはんに、街が、近づくとき、そこかしこから、お腹の音、するとして、そしたらパラダイスだよね、みんな、帰りたくなる、よね。
漂流するばかりじゃないんだ、ってね、少し思えるのは、いつも、脳みそのおかげじゃなくって、お腹、のおかげでした、みたいなね。
それはわからないこと、わからないことわかろうとすること、それは必然、かもだけど、わからなくていいことだって、きっと。
僕や僕らはいつもお腹すく、すくすく、すく。
それは何があっても変わんなかったね。
よかった、とか、がらにもなく、思いながら、今日も帰るよね。

6/17 藤田貴大

あらすじ

六月も、もう終わるってくらいの頃。
雨が降っている、帰り道。どこからか、夕飯の匂い。
思い出される、あの頃。誰かと囲んでいた食卓。

出演

荻原綾  尾野島慎太朗  成田亜佑美  召田実子

クレジット

コーディネーター
徳永京子
舞台写真
田中亜紀
主催
東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)