クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ

[埼玉] 2016年9月16日-19日彩の国さいたま芸術劇場 NINAGAWA STUDIO(大稽古場)
撮影|三田村亮

当日パンフレットより

こうしてまた、あのころの風景を、
からだをとおしてかんがえてみた。

記憶という映像、が焼きついているのは、眼裏ではなくて、
脳裏なのだということ。
しかし記憶とは、とても不確かなものである。

どういう手触りだったか。

思い出そうとしても思い出せない場所に、
かすかに焼きついている、記憶。

記憶のなかにしか、もう存在しない、いくつかの、からだ。

こうして生き残って、
きょうもまた、つくっている。
生き残っているから、つくることができる。

つくったものも、やがて記憶になる。

映像が、眼球のなかにヒカリとして、そのスピードで映りこむ。
そしてそのスピードのまま、脳まで届いて、映像は。

記憶になる。

やがて、
記憶になるものを、つくっている。

だけれど、
ぼくは、その、記憶になるまえの、脳に届くまえの、
ヒカリの部分をつくりたいのだとおもう。

その部分のみを。

一瞬で消えてしまう、一度きりの部分のみにこだわって。

ありとあらゆる喪失に。
記憶になるまえの一瞬を。

9月8日 藤田貴大

出演

石井亮介
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
中島広隆
成田亜佑美
波佐谷聡
吉田聡子

山本達久

スタッフ

作・演出
藤田貴大
舞台監督
森山香緒梨
衣装
suzukitakayuki
音楽
山本逹久
照明
南香織(LICHT-ER)
音響
金子伸也(彩の国さいたま芸術劇場)
映像
召田実子
制作
林香菜
古閑詩織
Other member
猿渡遥
辻本達也
宣伝美術
柳沼博雅(GOAT)
協力
パシフィックアートセンター

クレジット

主催
公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
合同会社マームとジプシー