記憶の欠片、揺さぶられて。繰り返される、言動と行動。あの真夜中。Kとの思い出。

Kと真夜中のほとりで

2011年10月14日-24日こまばアゴラ劇場
撮影|飯田浩一

チラシより

今年、僕、26歳になったんだけど、それなりに危機感とか感じちゃってて、いらんこと、かもしれないけど、いや、でも、感じちゃってて、だから、鬼気迫る、作品とかつくっちゃおうかな、とかも、たまに思ったりもするんだけど、でも結局、相変わらず、背伸びできずに、後ろ向きな、ぐずぐずしたモノ、つくっちゃうんだろうな、そう、なっちゃうんだろうな、30歳までのカウントダウン、具体的に始まった、気がする、2011年も、もう、半ば過ぎた。

部屋の中を意味もなく彷徨いている。あの街、のことを思い出しながら。彷徨く姿が、磨り硝子に、ぼんやり映る、真夜中。

北海道、伊達市、出身の僕は、脳裏にこびりついた、北海道、伊達市、での記憶、を、これまで、マームとジプシー、稼動させて、描いてきたつもりだった。でも僕は果たして、北海道、伊達市、及び、僕自身、の、僕だけしか知らない、あの街、での、記憶の細部に至るまでを、照らすこと、できていたのだろうか。どうなのか。どうなのか、は、もしかしたらそれこそ、僕自身、にしかわからないことで、だから、考えてみるんだが、どうやら足りない、そう、足りていないんだ、今のままの解像度では。足りていない、と、僕は、僕自身に突きつけられて、今、とても、孤独、なのだ。

記憶はどんどんと遠ざかっていく、忘れるようにできているのか、なんなのか、僕には、よくわからないが、あの街、が、僕からどんどんと遠ざかっていくのは、まざまざと、わかってしまう、抗えない忘却、を理解してしまう、幾つもの色々を、今まで、簡単に、記憶器官から、手放してきた、気がするんだ、だから、僕は、僕自身に対して、今、とても、孤独、なのだ。

今回、これらの、僕を、僕自身を、孤独にする、要因、に、真っ向から取り組み、孤独を解体しよう、とするのは、明らか、で。また、僕自身の、僕だけしか知らない、あの街、を取り戻すべく、解像度を、執拗に追求し、上げていくのは、同じく、明らか、で。今年、僕、26歳で。それなりに危機感とか感じちゃってて、いらんこと、かもしれないけど、いや、でも、感じちゃってて。というのは、年を追うごとに、感触薄れ、どんどんと遠ざかっていく、あの街、に、いつか、僕は、僕自身の痕跡すら、あそこに投影できなくなってしまうんじゃないか、と、考えてしまっているから。

それはマズい、単純にマズい、なので、僕は、蘇らそうと思う。舞台に、あの街、を。そうしなくちゃ、もう、僕は、何にも寄り添えそうにないし、僕自身を、見いだせそうにないのだ、あの街、に、あの頃、に、たとえ、もう、帰れないとしても、僕は、僕自身の、僕にしか知らない、あの街、を、蘇らせようと、思う。そのために、僕は、僕らは、不意打ち的に突如としてやってくる悪路をも、彷徨う気合いでいる、苦しくても、彷徨う、彷徨いながら、あの日、振り向いて、笑った、あの子、の残像を追い続けようと思う。

8/27 藤田貴大

パンフレットより
「マームとジプシー的、真夜中の考察と、季節の移り変わりとは無関係に、移行していく真夜中のイメージ。で、朝は訪れるのか、どうか、っていう。」

というわけで、今回は、真夜中、という時間にだけに取り組んだ、でもしかし、果たして、この真夜中に、朝は訪れるのか。

今夜もまた、夜が明けないまま、朝を迎えることになるのだろうか。
僕は、これからも、終わることのない真夜中、を、行くのだろうか。
また、真夜中を彷徨つきながら、何かを誰かを探し回るのだろうか。

真夜中のイメージは、どんどんと角度を変えながら、移行していく。

過去の真夜中を僕は忘れる、そして新しい真夜中に、移行していく。
感触が、薄れて、ぼやける、過去の真夜中を、僕はたまに思い出す。
その過去の真夜中に、僕は僕自身の痕跡を見つけることができない。

それくらい僕は真夜中に対して無責任で、真夜中に、戸惑っている。

というわけで、今回は、真夜中、という時間にだけに取り組んだ、でもしかし、果たして、この真夜中に、朝は訪れるのか。

その、朝、とは本当に、本当の、朝、なのか。僕にはわからなくて。

だから、朝、というモノを、皆さんにも、持ち帰ってもらうとして。

というわけで、今回は、真夜中、という時間にだけに取り組んだよ。

どうぞ。

10/6 藤田貴大

あらすじ

湖がある、田舎街。
街という、窪みに、
沈んで、溜まって、
澱んでいく、人々。
街の至るところに、
“尋ね人”のビラ。
この街では頻繁に、
人が、居なくなる。
人々は時間を退屈に、
ただただ消費している。
人々は街の外側のことを、
外で何が起こっているかを、
知らない。居なくなった人が、
どこに、行ってしまったのかを、
知らない。街からいつしか消えた、
あの女の子、Kちゃん、のことすら、
忘れかけている。人々は、Kのことを、
思い出すところから、始めるようとする。
つまり、この作品に物語というモノがある、
とするなら、この舞台に出てくる人々の始点、
は、K、なのである、もしかしたら終点も、K、
かもしれない、と、藤田は考えている、8月現在。

出演

伊野香織  大石将弘(ままごと)
大島怜也(PLUSTIC PLASTICS)
荻原綾  尾野島慎太朗  川崎ゆり子
斎藤章子  坂口真由美  高橋ゆうこ
高山玲子  成田亜佑美  波佐谷聡
萬洲通擴  召田実子  吉田聡子

スタッフ

作・演出
藤田貴大
舞台監督
森山香緒梨
加藤唯
照明
吉成陽子
山岡茉友子
音響
角田里枝
舞台美術協力
細川浩伸
演出助手
佐藤蕗子
吉田彩乃
宣伝美術
本橋若子
制作
林香菜
舞台写真
飯田浩一
技術協力
鈴木健介(アゴラ企画)
制作協力
齋藤拓(アゴラ企画)
芸術監督
平田オリザ

クレジット

主催・企画制作
マームとジプシー
(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場