黄色い球体、空に浮かび、真っ暗闇の、街を照らす。瞬きながら、放たれ輝く、生命の閃光。

LEM-on/RE:mum-ON!!

2012年3月29日-31日元・立誠小学校(坂上がりスカラシップ2011年対象公演)
撮影|飯田浩一

チラシより「梶井さんと僕。」

26歳、藤田貴大です。この度、31歳で亡くなった梶井さんが書いた作品たちを原案に、マームとジプシーを稼動させて、京都にて、しかも元々、小学校だった場所を舞台に、3月も末日付近を狙って、作品を元気に運動させよう、っていうそういうわけです。僕は今、まあ普通に、それなりに、26歳として、26歳ならではの悩みみたいなのに直面していて、というのは、これからも作品を活動させていくのかな、とかですね。まあ、させてくんだと思うんだけど、当たり前に、これから五年間の自分の行き着く先とかを、作品レベルで、割とリアルに考えてしまってます。いらんことかもしれないけれど、考えざるを得ないわけです。五年後といえば、梶井さんが亡くなった年齢ですね。というわけで、です。梶井さんと向かい合ってみよう、っていう、そういうわけです。横浜のチカラと、京都のチカラをお借りして。行く先々で皆様、ご迷惑おかけします。僕の拙い話を聞いてください。耳を貸してください。耳どころか、感覚、総てを貸してください。どうぞよろしくお願いします。

1/25 藤田貴大

パンフレットより「マームとジプシーは狂った3月、過ごしてる。」

今年の3月ってのは、どことなく狂っていて、マームとジプシーはいつになく、かき乱された感じあり。なかなかに、満身創痍な感じで、つくったのが、これ。たぶんこれからもマームとジプシーやってくんだけど、でも。どうする。ってな感じで、頭抱えながら、つくったのが、これ。僕らは今まで記憶を取り扱って作品をつくってきた、と言い切れる。それくらい記憶に対して精力、注いできた。だから学校を舞台にするのは、すんなりと、まるで導かれるように、こうなった。僕らは通学路。を行くようにして、作品つくった。狂った3月、過ごしながら。どうでしょうか。学校は。ここまで来た感じは。通学路を来た感じは。何かありましたでしょうか。あの頃、見ていた景色を見ることはできるのでしょうか。失ったものは、取り戻せるのでしょうか。答えは、否。否。否。なんだけど。わかっているんだけど。でもでも僕はまだ記憶の中をさ迷うよ。手探りで。そして、真正面から。いつも手放さなかった梶井さんの本を捨てて。記憶を進んでいくよ。

3/23 藤田貴大

あらすじ

死にゆく男と周囲の人々。始まりと終わりの中間点。 人々は右往左往しながら、
生まれてから死ぬまでを、 常に進行方向を変えずに、矢印を終点に向けながら、
今日も陰鬱に歩いている。今夜も酔っ払ってしまい、 それでも街へ繰り出して、
歩く。歩く。歩く。歩く。 廃校になった学校の中を、歩き。躓き。歩き。躓き。
ひたすら反復し繰り返す、冬のマームとジプシー的、 人生論みたいな辛いお話。

出演

伊野香織  荻原綾  尾野島慎太朗
川崎ゆり子  斎藤章子  高山玲子
成田亜佑美  波佐谷聡  召田実子 吉田聡子

スタッフ

原案
梶井基次郎『檸檬』他
作・演出
藤田貴大
舞台監督
森山香緒梨
照明
吉成陽子
音響
角田里枝
記録・舞台美術協力
細川浩伸(急な坂アトリエ)
制作
林香菜 市川公美子
舞台写真
飯田浩一 細川浩伸

クレジット

主催
マームとジプシー 坂あがりスカラシップ(急な坂スタジオ、STスポット、のげシャーレ)
共催
立誠・文化のまち運営委員会