わたしたちは、みんな、どこにいたって、よそもの、なのだ。

あ、ストレンジャー

2011年4月1日-4日SNAC
撮影|飯田浩一

パンフレットより 「四月の始まりと、異邦人が終わったあとの、あ、ストレンジャー」

三月も、もう終わります、

(つまりこの文章は、三月も、もう終わるって頃、ぼおんと、磨りガラスの窓の向こう、朝日が登り始めた、っていうのを、布団の中で眺めながら、書いています、)

もう少しで、四月が始まります、『あ、ストレンジャー』は、四月の始まりに始まって、四月の始まりに終わります、

(布団を出ることにします、机の上で林檎が腐っています、部屋を出ます、近所の小学生がワイワイと登校しています、子どもたちは頭がでかいから、すぐに転んじゃいそう、)

『あ、ストレンジャー』はカミュの異邦人の第一部までを、つまり、ムルソーという青年の母親が死んでから、五発の銃声を鳴らすところ、までをモチーフに描いています、僕なりに、ですが、

(電車に乗ります、いつも稽古をしている横浜へ向かいます、いい香水の匂いがする女性が、僕の肩に寄りかかり、寝ています、)

何かの拍子に、いつも通り、は、ぐらりと揺らいで、いつもの風景も、いつもの会話も、なにもかもが変わって、見えて、聞こえて、ムルソーが鳴らした五発の銃声すら、何かへの警鐘に聞こえて、ってことを、僕は、僕なりに、異邦人を、或いは、異邦人が終わったあとの異邦人を、作ってみようと思いました、それが『あ、ストレンジャー』なのだと、今は、思っています、

(そろそろ横浜に着きます、と、同時に、この文章も、そろそろ終わります、)

異邦人が、今、と、コミットしていくには、生まれ変わり、つまり、リボーン(Reborn)、の、作業が必要だったし、そのためには、異邦人に、僕の生活、日常を、リミックス(Remix)していく必要もある、と、僕なりには、感じて、つくっています『あ、ストレンジャー』。

三月も、もう終わります、四月も、もう始まって、それもいつか終わるんだけど、僕らの、Re、の作業は終わりそうにありません、三月末日。

3/28 藤田貴大

あらすじ

母親が死んだ、オンナがいて。 それを取り巻く、人間模様を。 カミュの『異邦人』を、基に。
海がある街の、数日間のこと。 ひっくり帰った日常のころを。 マームとジプシー的に、描く。

出演

青柳いづみ  荻原綾  尾野島慎太朗  高山玲子

スタッフ

原案
「異邦人」アルベール・カミュ
作・演出
藤田貴大
照明
明石伶子
制作
林香菜
舞台写真
飯田浩一

クレジット

主催
マームとジプシー
共催
SNAC/吾妻橋ダンスクロッシング