mum&gypsy

MUM& GYPSY 10th Anniversary Tour vol.1
ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと―

〔埼玉〕2017年715日-17日/ 27日/29日/彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
〔長野〕20178月5日-6日/サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター 大スタジオ
〔北海道〕2017年819日/札幌市教育文化会館 大ホール特設ステージ
〔福岡〕2017年9月2日-3日/北九州芸術劇場 小劇場
〔愛知〕2017年9月9日/穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
〔兵庫〕2017年916日-17日/AIHALL 伊丹市立演劇ホール

撮影:井上佐由紀

MUM&GYPSY 10th Anniversary Year 特設WEBサイトはこちら

▽ チラシより(藤田貴大)

この旅を終えたあと、ぼくらはなにを想うだろう


2017.4.16 藤田貴大

close

▽ パンフレットより(藤田貴大)

三年前にこの作品は一度、
故郷の北海道伊達市で、終わりを迎えたはずだった。
だけれどまたこうして取り組んでいるのは、この三年間で家という生命体そのものが、
現在という時間のなかでどう在ればよいのか、という問題が自分のなかで、
まるで変わってしまって、膨らみつづけていたからだろう。
現在という時間は想像できているだろうか。
あのころの食卓のこと。ひとりひとりの表情を。
家という生命体の内臓は、そこに住む家族だけではなくて、
そこにいたはずのひと、そこを通りすぎただけのひと、
そこに関わったすべてのひとたちの記憶だし、
そこで過ごした日々のことを思い出す、
その記憶器官における繰り返しも含まれている。
現在だからこそ、繰り返し思い出して、
扱わなくてはいけない気がしたのは、なんでだろう。
どうやらすぐそこまできてしまっていることがあるとして、
それによるこの不安は、なんなのだろう。
こんなにも繰り返し、思い出されることがあるのに、やがて老いて、
忘れてしまうかもしれない、あの家のことを想った。
ここに立ち帰って、また始めたいと想った。


2017.6.29 藤田貴大

close

出演

石井亮介 荻原 綾 尾野島慎太朗 川崎ゆり子
斎藤章子 中島広隆 成田亜佑美 波佐谷 
長谷川洋子 船津健太 召田実子 吉田聡子

スタッフ

作・演出/藤田貴大
音楽/石橋英子



衣装/suzuki takayuki
照明/南 香織(合同会社LICHT-ER
音響/田鹿 充
映像/召田実子
演出アシスタント/小椋史子
舞台監督/森山香緒梨


演出部/加藤 唯 熊木 進 丸山賢一
照明部/阿久津未歩(合同会社LICHT-ER
音響部/八城浩幸(株式会社article
衣装部/伊野香織
大道具製作/金井大道具


宣伝美術/名久井直子
宣伝写真/橋本倫史
インタビュー(特設サイト内)/橋本倫史
制作/松野 創(彩の国さいたま芸術劇場)
林 香菜 古閑詩織(マームとジプシー)


Other Member/小西 楓 佐々木美奈 猿渡 遥 辻本達也
豊川弘恵 若林佐知子 渡辺ひとみ


企画制作/公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団 合同会社マームとジプシー
主催/公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

©2018 mum&gypsy