mum&gypsy

ユリイカ(青土社)×川上未映子×マームとジプシー
初秋のサプライズ

201396-8日/VACANT

撮影|橋本倫史

▽ パンフレットより 藤田貴大

夏のおわりに、
未映子さんの文字に出会って、
音にしようとするときに、森のなかへ迷いこんだ、
ような。やがて辿りついた、山小屋のなかは、
じつはそこは、自分の内側で。そこから再度、
外にでてゆくのは、とても困難で。
みたいなそんな、孤独と。
内と外の隙間で右往左往する、揺れる身体は。
世界と一体化するのか、どうか。とかとか。
洪水のような言葉たちに当てられて、かんがえて。
答えがみつからぬままであろうことを、
みつけようともがけどもがけど、
みつからない。ってことを、くりかえして、
この夏がおわってほしいし。
未映子さんは、数年前から。
マームとジプシーをずっとみつめてくれていた。
その眼差しが、文字になり、音となった。
この一連が、このうえない至福。
こんな機会を遺憾なく逃すまいとするのは必然。
死ぬ気でやるけど、死ねないのもわかっている。
どうか、あらゆることが終わらないように。

藤田貴大

close

▽ パンフレットより 川上未映子

青柳さんの手足と声、
藤田くんの目と耳によって、
言葉がどのような「からだ」を現すのか。
それは、すでに書かれ発せられた言葉
のみならず、まだ存在しない
言葉にもおよぶ緊張と悦びだ。
観るまえの今も、観たあとのその
ときも、きっと、そのことについて
ずっと考えるんだと思う。

川上未映子

close

出演

青柳いづみ

スタッフ

テキスト/川上未映子「冬の扉」「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」「まえのひ」
演出/藤田貴大  音/zAk  音響/角田里枝  照明/明石伶子  映像/召田実子  制作/林香菜
企画/青土社、マームとジプシー  協力/VACANT
Other member/石井亮介、川崎ゆり子、中島広隆

©2018 mum&gypsy