mum&gypsy

モモノパノラマ

20131121-121日/KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
2013126-127日/りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
20131214-1215日/北九州芸術劇場小劇場

撮影|橋本倫史

▽ パンフレットより

「コドモも、モモも、森んなか」

いつか、
モモとゆう存在を、なくすのだとわかってはいたけれど、
やっぱりなくしてしまって、そのことがやっぱりおおきかった。
七月だった。モモが、なくなったのは。
かんがえちゅうで、
まだまとまらない。
モモが、なくなってしまって、鳴らなくなった音があった。
でもそれでも、物音がすると、モモじゃないかと振り向いてしまう。
まだモモが、いるような気がして。
音をさがす。
そんな時間を、
つくらなくちゃいけなかった。
コドモのころ、想像していた、
ちかい未来に味わうのだろう、
喪失、
が、ほんとうになった瞬間に、
喪失、
は、過去になった。
記憶になった。
だから作品にしようとしちゃってる、
この作業に終わりはあるのだろうか。
かんがえちゅうで、
まだまとまらない。
繰り返しても、喪失したあとの暗闇は、終わらない。
終わらなすぎて。

1117   藤田貴大

close

出演

石井亮介  伊東茄那  荻原綾  尾野島慎太朗  川崎ゆり子
成田亜佑美  中島広隆  波佐谷聡  召田実子  吉田聡子

スタッフ

舞台監督/森山香緒梨  舞台監督助手/加藤唯  音響/角田里枝  照明/富山貴之
衣装/高橋愛、高木ポップ(suzuki takayuki)  宣伝美術/本橋若子
当日パンフレット/青柳いづみ  制作/林香菜  特別協力/急な坂スタジオ
助成/公益財団法人セゾン文化財団 、アーツコミッション・ヨコハマ、神奈川県
提携/KAAT神奈川芸術劇場( 神奈川公演)、北九州芸術劇場 (北九州公演)
主催/公益財団法人新潟市芸術文化振興財団(新潟公演)
主催・企画製作/マームとジプシー

©2018 mum&gypsy