mum&gypsy

川上未映子×マームとジプシー
MUM&GYPSY 10th anniversary vol.2
「みえるわ」

〔東京〕2018131日ー3日|WWW 〔宮城〕201826日|塩竈市杉村惇美術館・大講堂
〔長野〕2018210日|まつもと市民芸術館・小ホール
〔福島〕
2018212日|LIVE STAGE PEAK ACTION
〔北海道〕2018215日ー16日|PROVO 〔神奈川〕2018220日ー21日|横浜市開港記念会館・講堂
〔山口〕2018225日|山口情報芸術センター・スタジオA 〔大阪〕2018228日ー 31日|味園ユニバース
〔熊本〕201834日|早川倉庫 〔沖縄〕201837日|水円/310日ー11日|アトリエ銘苅ベース

MUM& GYPSY 10th Anniversary Year 特設WEBサイトはこちら

▽ 川上未映子書き下ろしテキスト

起きてるとき以外は完全に眠っていたい
眠ってるとき以外は完全に起きていたい
四月だいすきな四月だった四月
四月もわたしを わたしも四月を みていた四月


悲しいことなんて何もないのに
悲しくなることなんてもう何もないのに
封筒に宛名書き、悲しい
直線がたくさんあって、悲しい


金色の産毛、まばたき、悲しい分厚い本も悲しいし、たくさんの花が咲いていること、悲しい
物語は催眠的に暗く、奇妙な終わりに咲く
学習は、すべて突然のことだから、子どもの年齢は水浸し
何かを思いだすたびに黒目も白目も大きくなる
まつげはずっしり重くなる
いつまで目をあけていられるかって思ったとたんに
目はあけていられなくなるから安心してね


まるいものは積めません、三角のものは積めますね、四角いものはもっと積めて、やわらかいものもまあまあ積めます、ねえ知ってます? 世界にはとても色が多いこと。そして一度もみることのないものが、わたしのほとんどであることを。

close

出演

青柳いづみ

スタッフ

テキスト 川上未映子
「先端で、さすわさされるわそらええわ」「少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ」
「夜の目硝子」「戦争花嫁」「治療、家の名はコスモス」「冬の扉」「水瓶」「まえのひ」など


演出/藤田貴大
衣装/
ヒグチユウコ(「先端で、さすわ さされるわ そらええわ」)
ANREALAGE(「少女はおしっこの不安を爆破、心はあせるわ」)
suzuki takayuki(「戦争花嫁」)
overlace(「治療、家の名はコスモス」)
malamute(「冬の扉」)
l i r o t o(「水瓶」「夜の目硝子」)


舞台監督/熊木進  演出部/石井亮介 中島広隆  照明/南香織(LICHT-ER)
音響/田鹿充(東京、横浜、山口、大阪) 星野大輔(宮城、松本、福島、札幌、沖縄/有限会社サウンドウィーズ)
映像/召田実子  衣装部/若林佐知子  映像協力/ホンマタカシ  衣装協力/CASUCA


舞台協力(大阪公演)/studio seedbox  宣伝美術/名久井直子  チラシイラスト/ヒグチユウコ
キュメント「手紙」/橋本倫史  制作/林香菜 古閑詩織 乾真裕子 梅崎彩世
主催/<横浜>NPO法人アートプラットフォーム(急な坂スタジオ)/<山口>山口市文化振興財団
共催/<松本>一般財団法人松本市芸術文化振興財団 <横浜>横浜市文化観光局
助成/芸術文化振興基金  企画製作・主催/合同会社マームとジプシー

©2018 mum&gypsy