憧れも、初戀も、爆撃も、死も。

cocoon

2013年8月5日-18日東京芸術劇場シアターイースト
撮影|飯田浩一

パンフレットより ─藤田貴大

今日さんの絵の、淡い水色の先に存する、おおきな暗闇のようなものに魅せられてしまった、どうしたものか。どうすればこれを、ぼくの。マームとジプシーでの日々の作業に、融合させることができるか。ずいぶん、長いこと。彷徨っていたようにおもう。やがて遠くのほうから。或いは、どこか切れ間から。郁子さんの音が、まるで降ってきたように、聴こえてきた瞬間があった。こうして、つながって。この場所、ひととひととが会する、この場所へと至った。この場所で、ぼくらは相も変わらず、繰り返す。なにもかも、零さぬように。かなしみも、怒りも、くるしみも。だれかを、なにかを、想うこと。帰るところ、たとえば故郷を、想うこと。あのころ、あの時代、いま。それら総てを、終わらせないために。繰り返し、繰り返し。それでもやがて訪れる、終わりのために。暗闇へ向かって。海へ向かって、走る。走る。行き着く海は、どんな海なのだろう。それはやっぱ、ぼくだけじゃ、眺めることができない海なのだ、どうやら。とにかく、走るよ。走ってみるよ。いろんな想い、抱えながら。
2013.7.22 早朝。藤田貴大

パンフレットより ─原田郁子

cocoon。という作品のなかで。わたしは。
10代の頃の。居場所がなかった。わたしと向かい。じぶんにとっての。。。繭。。。歌う。ということを。もういちど。見つけるのでしょう。マームのふじたくん。原作の今日さん。音のざっくさん。はじめ、スタッフのみんな。cocoon しゅつえんのみんな。それから今日。劇場に足をはこんでくださった、あなた。は、いま、ここに、集い。ともにある。けれども。それぞれに。ひとりひとり。とても。ちがう。生き物だ。そのことを認めなければ。とてもじゃないけど。一緒にはいられないほど。それぞれに。さまざまだ。でも。もし。わたしと。あなたに。たったひとつだけ。等しく。同じく。共通点があるとしたら。それは。いま。生きていて。いつか。死ぬ。ということだ。永い永いじかんをかけて。誰もがそうしてきたように。わたしも。あなたも。いつか。それを。かならず。やる。そのことを。ちいさいときから。どこかで。知っていたように。おもうし。このcocoonという物語のなかで。おそらく。くりかえし。くりかえし。いやというほど。見るのでしょう。想像する。重なっていく。ひろがっていく。巡っていく。宇宙のディレイの。渦のなかで。耳をすませば。近づけば近づくほど。ありありと。迫ってくればくるほど。粒子となって。満ちてゆく。なにか。この機会をくださったすべてのこと。いま。というじかんに。感謝をして。じぶんにとっての。。。繭。。。かき消されそうなほど。ちいさな。ちいさな。声が。いつか。あたらしい海に。
空に。風に。溶けていくのを。みてみたい。とおもう。
2013.7.24 原田郁子

パンフレットより ─今日マチ子

「cocoon」を描き始めてから5 年、マームとジプシーと共同作業をはじめてから2 年。その間に「cocoon」の続編であるホロコーストをテーマにした「アノネ、」も、藤田くんとの共作である痛々しい青春マンガ「mina-mo-no-gram」も描き上げた。でも、何も終わらないし、たぶん、ずっと背負っていくだろう。描くことはひたすら見えない荷物を増やしていくし、その一方で、やっぱり、実生活の何かは確実に手からこぼれていく。失ったものはもうどこにもないはずなのに、幽霊のように部屋にたたずんでたまに話しかけてくる。役者のみんなも同じだ。演じるたびに何度も死ぬのに、次のステージで生き返っている。不思議なことですね。まるで悪夢だ。この奇妙な夢が観客のみなさんのなかに入り込んで、ずっとずっと再生され続ければいい。 
2013.7.12 今日マチ子

出演

青柳いづみ  伊東茄那  大岩さや
尾崎紅  尾崎桃子  川崎ゆり子
橘髙佑奈  菊池明明(ナイロン100℃)
小泉まき(俳協/中野成樹+フランケンズ)
小宮一葉  中前夏来  鍋島久美子
難波有  長谷川洋子  的場裕美
山崎ルキノ(チェルフィッチュ)  吉田彩乃
吉田聡子  李そじん
尾野島慎太朗 石井亮介

スタッフ

原作
今日マチ子
「cocoon」(秋田書店)
作・演出
藤田貴大
音楽
原田郁子
zAk
舞台監督
森山香緒梨 加藤唯
大友圭一郎
照明
吉成陽子 富山貴之
照明オペレーター
山岡茉友子(青年団)
音響
角田里枝 田鹿充
舞台美術・映像
細川浩伸
衣装
高橋愛(suzuki takayuki)
衣装協力
荻原綾 坂本かおり 金子仁美
映像素材・演出助手
召田実子
演出助手
小椋史子
チラシイラスト・劇中画
今日マチ子
ロゴデザイン
川名潤(PriGraphics)
宣伝美術
本橋若子
当日パンフレット
青柳いづみ
Tシャツデザイン
吉田聡子
企画協力
金城小百合(秋田書店)
制作
林香菜 斎藤章子 渡邊由佳梨
舞台写真
飯田浩一

クレジット

特別協力
急な坂スタジオ
主催・製作
マームとジプシー
提携
東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
助成
芸術文化振興基金助成事業
公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
一般社団法人私的録音保障金管理協会