ヒダリメノヒダ

2015年4月3日(金)-4月12日(日)神奈川芸術劇場KAAT大スタジオ
    
撮影|橋本倫史

チラシより

ぼく自身の幼少期。左目の視力が極端に落ちていた時期がありました。その左目から見つめていた、半透明な世界。よく遊んでいた、空き地。機関車が真ん中に置かれていた、空き地。あそこにいた、おんなのこ。濁っていたり、透きとおっていたりする歪な断片を、まったく新たな構造を用いて、重ね合わせながら描いていきます。
ぼくが日頃、とてもリスペクトしていて、影響を受けているみなさんも招いて、多角的に。視覚と記憶、そして浮かび上がる未来について。セッションしながら、かんがえています。
マームとジプシーとして、かなり挑戦的な作品になるでしょう。それほどにこの作品にて、ぼくら自身の、いままでとこれから、ってことで見つめ直して。そしてしっかりと繋げていきたいとおもっているのです。

2月22日 藤田貴大

当日パンフレットより

左眼からみつめていた、濁った世界があった。
ヒカリが眼球のなかの壁にあたる。

眼球のなかの暗闇。

視界の片隅には、ちいさなおんなのこが映っていた。
あれからずっと、影みたいに。
おんなのこは、ぼくにつきまとっている。

記憶の風景を反転させて。

まだ見たことがない。
これから見ることができるかどうかもわからない。
未来の風景を。

この作業の果てに、見ることができるか。
おんなのこに、また出会えるか。

そんなことをかんがえながら、ゆっくりと作業をすすめている。
これは、あのころのぼくを解剖する作業だ。

3月20日 北海道伊達市にて。
藤田貴大

出演

石井亮介
尾野島慎太朗
川崎ゆり子
中島広隆
波佐谷聡
吉田聡子

藤田貴大

[ゲスト]
Kan Sano(ピアニスト)
スズキタカユキ(ファッションデザイナー)
ホンマタカシ(写真家)
山本達久(ドラマー)

スタッフ

作・演出
藤田貴大
衣装
スズキタカユキ
(suzuki takayuki)
舞台監督
森山香緒梨
音響
角田里枝
映像
召田実子
照明
富山貴之
映像オペレーター
久津美太一
チラシデザイン
吉田聡子
制作
林香菜

クレジット

助成
公益財団法人セゾン文化財団
提携
KAAT神奈川芸術劇場
主催
合同会社マームとジプシー