官能教育第四弾藤田貴大×中勘助「犬」

2011年11月23日-27日新世界
撮影|飯田浩一

パンフレットより ─藤田貴大

思いだそうとしても、霞んでいってしまう、幾つかのことがある、まずそれらを拾わなくてはいけないような気がしている。

14のころ、下校中だった、股から血を流している小学生の女の子を見た、彼女は泣いているようだったが、彼女の首から上を、どうしても思いだせない。

17のころ、夕暮れ時だった、オレンジ色のなか、初めてセックスをした、終始、彼女は笑っていたようだったが、彼女の顔を、どうしても思いだせない。

最近のこと、コインランドリーで洗濯していると、片目が潰れている猫、雌猫であろう、猫に出会った、産まれたてのような子猫をくわえている、子猫は生きているかどうかわからない、彼女は子猫をくわえながら、こっちを睨んでいるようだった、しかしこれもまた、最近のことなのに、霞んでぼやけるのだ。

思いだそうとしても、

霞んでいってしまう、

幾つかのことがある。

不確かな記憶を、感触を、中勘助は、どう手元に残そうとしたのだろうか、それを知りたくって、始めようと思う。どうぞ。

11/20 藤田貴大

パンフレットより ─徳永京子

ライブハウスである新世界さんに声をかけられ、1日でも成立する演劇のイベントとして選んだのがリーディングであり、他にはないリーディングをと考えた のが『官能教育』─ 官能をめぐるリーディング ─ でした。だから『官能教育』が5日間6ステージの、リーディングではなくちゃんとした公演になったことに、誰よりも不思議な気持ちでいるのは私です。しかも早々に全日程の予約枚数が終了する大反響で、演出を引き受けてくれた藤田さんの人気、山内さん&青柳さん&尾野島さんへの期待に、改めて驚いています。

マームとジプシー作品の切なさ、儚さ、郷愁、聖性に惹かれている方に、私が藤田さんにお願いした『犬』という題材は、どう受け止めらるのか。少しだけ心配な気持ちもありますが、放っておいてもどんどん先に進んでいく彼なので、その早歩きにこんな風変りな寄り道があってもいいだろう、という呑気な安心感は、不思議なくらい揺るぎません。本日はご来場いただきまして、本当にありがとうございます。

Produce lab 89 責任者
徳永京子

出演

青柳いづみ  尾野島慎太朗  山内健司(青年団)

スタッフ

原作
中勘助「犬」
作・演出
藤田貴大
照明
明石伶子
音響
角田里枝
制作
林香菜
舞台写真
飯田浩一
責任者
徳永京子
企画
Producelab89