「ひび」の募集について

2017年4月5日

2016年マームとジプシーは新しいプロジェクトである「ひび」を始めました。このプロジェクトは私たちの「活動」に共感し、興味があるひとが、マームとジプシーの活動に関わりながら、約一年後に予定されている藤田貴大との作品発表を目指すものです。2016年の募集で集まった22名のメンバーは、一年間かけて、あらゆる形でマームとジプシー/藤田貴大に関わり、共に時間を過ごしてきました。つきましては、今年も「ひび」のメンバーを募集します。舞台や演劇に興味がある方はもちろん、物や時間、場所をつくっている人や、身体や食について勉強している人等、様々な分野に興味がある方の応募もお待ちしています。「ひび」という場所、「ひび」での時間が、これからのマームとジプシーや藤田貴大がつくりあげていく作品を、支えていくような大切な出会いの場になることを願っております。奮ってご応募ください。

<概要>
一年間、マームとジプシーの公演や活動になんらかのカタチで関わってもらいます。定期的に「ひび」のメンバーに向けて、藤田貴大やゲストの方を招いてWSを開催します。そのWSを経て、最終的に「ひび」のメンバーが作品を発表できる場をつくっていく予定です。
一年後、そのさきどうやってマームとジプシーに関わってくか、もしくは「ひび」としての関わりを継続していくかは、そのとき相談しましょう。

<応募資格>
・マームとジプシーの公演や藤田貴大の作品をご覧になったことがある方
・マームとジプシーの活動に興味がある方
・年齢制限はありません。演劇未経験者も大歓迎です。

<参加条件>
・参加費、無料。
*ただし、交通費や参加に関わる経費などの支給は予定していません。予めご了承ください。

<募集締切>
2017年5月7日AM10:00

<面談日時>
2017年5月10日-5月12日

一次(グループ面談)
2016年5月10日-11日
(1)11:00~12:00
(2)12:30~13:30
(3)14:00~15:00
(4)15:30~16:30
(5)17:00~18:00
(6)18:30~19:30
(7)20:00~21:00

二次(個人面談)
2016年5月12日
*二次面接の時間については追ってご連絡差し上げます。(終日空けておいてください。)

<面談会場>
応募された方にお知らせします(首都圏を予定)

<定員>約10名を予定
*定員が超える場合は、面談終了後、選考をしたのち、参加決定の方のみご連絡させて頂きます。

<募集要項>
(1)名前(ふりがな)
(2)生年月日、年齢
(3)連絡先(電話番号/メールアドレス/住所)
(4)一次面談希望日時(第一希望・第二希望・第三希望)
(5)志望動機
(6)活動歴(現在の職種や舞台以外のものもご掲載ください)
(7)今までに見た事があるマームとジプシー/藤田貴大の作品(ご覧予定でも可)
(8)ご自宅の最寄り駅
(9)備考
*こちらからの返信を以てお申し込み完了となります。

<お問い合わせ・お申し込み>マームとジプシー mum.hibi@gmail.com
<主催>合同会社マームとジプシー

「ひび」について
今年も、「ひび」のメンバーを募集しようとおもいます。去年の六月から始動した「ひび」ですが、メンバーのみんなには一年間かけて、マームとジプシーのさまざまな作品づくりに関わってもらいました。そのなかで、ぼく自身が、もっと云うと、マームとジプシー自体が、「ひび」のメンバーに出会ったことによって、作品をつくるときの言葉が変化していったようにおもいます。それは、内側に対しても外側に対しても、自分たちのことを言葉にしていく、という作業だったようにもおもうし、言葉を尽くしてみたときに、作品そのものに流れる時間が、より丁寧になっていく感覚がありました。集まったメンバーは製作技術の高いひとたちだったので、衣装やDM製作の手助けをしてくれました。そしてそれだけではなくて、じっさいに、たとえば、開演前の開場中の場内の雰囲気とか、物販コーナーの雰囲気とか、さらに云うならば、楽屋前での雰囲気だとか、そういうひとつひとつはやっぱり作品にとって無関係ではないはずで、だけれどちょっとしたことで、わかっていたはずのことが崩れていくときって、往々にしてあるけれど、その部分を「ひび」のメンバーは、とても繊細に理解してくれて、ぼくやマームとジプシーの作品を支えてくれました。また、ぼくの周りのさまざまな分野で活躍する尊敬するみなさんにも、「ひび」のメンバーには出会ってもらいました。その現場の片隅に、ぼくもひっそりいるようにしているのですが、ぼくがまたふたたび、その大切なひとたちに出会いなおしているような刺激が、そこにはありました。「ひび」は、ぼくやマームとジプシーにとって、ほんとうに大切な場所であり、時間です。まえに進むだけの矢印に「ひび」というリズムをもたらしてくれました。また、ここであたらしく出会っていきたいとかんがえています。あいかわらず、作品とはなんだろう、と悩ましいですが、よりよく悩みたいのです。興味のある方、ぜひ。ご応募ください。2017.4.2 藤田貴大

<ひびの活動 2016.6-2017.6>
6月
◎6/28 第1回ワークショップ/藤田貴大
◎展覧会「Fashioning Identity」参加「まえのひ」@京都精華大学ギャラリーフロール/設営アシスタント

7月
◎「0123」@元・立誠小学校/衣装・映像・演出アシスタント
◎「A-S」@京都芸術劇場/春秋座衣装アシスタント

8月
◎8/7 第2回ワークショップ/名久井直子(ブックデザイナー)
◎「ドコカ遠クノ、ソレヨリ向コウ 或いは、泡ニナル、風景」@彩の国さいたま芸術劇場NINAGAWA STUDIO/衣装製作・演出アシスタント
◎「クラゲノココロ モモノパノラマ ヒダリメノヒダ」@彩の国さいたま芸術劇場NINAGAWA STUDIO/制作・演出アシスタント

9月-10月
◎9/23 第3回ワークショップ/藤田貴大
◎「IL MIO TEMPO」@彩の国さいたま芸術劇場 中稽古場1/照明アシスタント

10月
◎10/8 第4回ワークショップ/スズキタカユキ(ファッションデザイナー)
◎10/16 第5回ワークショップ/藤田貴大

11月-12月
◎11/19 第6回ワークショップ/名久井直子(ブックデザイナー)
◎「ロミオとジュリエット」@東京芸術劇場プレイハウス/衣装・制作・映像・演出・美術アシスタント

1月
◎1/13 第7回ワークショップ/藤田貴大
◎マームとジプシーのDMを青柳いづみと共に製作

2月
◎2/3 第8回ワークショップ/藤田貴大
◎「Layer/Angle/Composition」@BankART1929/衣装製作

3月
◎3/10 第9回ワークショップ/酒井幸菜(振付家・ダンサー)
◎「タイムライン」@いわき芸術文化交流館アリオス、白河文化交流館コミネス/衣装・制作・映像アシスタント

4月(予定)
◎4/18 第10回ワークショップ/穂村弘(歌人)
◎4/28 第11回ワークショップ/穂村弘(歌人)
◎「カタチノチガウ」台湾公演@高雄市立圖書館總館小劇場/演出アシスタント

5月(予定)
◎「sheep sleep sharp」@LUMINE0/衣装製作・映像・演出アシスタント

6月(予定)
◎「ひび」発表会@VACANT