mum&gypsy

NEWS

日比協働オンラインプロジェクト「TAHANAN」

2021/03/25

2021年2月から3月にかけて、藤田貴大がフィリピンの4地域(マニラ、ルソン、ヴィサヤ、ミンダナオ)、計24名の俳優・劇作家とオンラインでワークショップを開催しました。そして、この度ワークショップの成果として映像作品TAHANAN(タハナン)を発表します。

タイトルであるTAHANAN(タハナン)とは、フィリピノ語で「家」や「落ち着くところ」を意味する言葉です。今回のワークショップの中では、参加者一人一人に、キッチン、リビングやマイルームなどそれぞれの家の間取りや日々のエピソードをインタビュー。それらを紡ぎ合わせ、一つの“家”という空間と、そこで共に過ごす人々の時間を作品にしました。


<映像公開日程(時間は日本時間)>
*映像は日本語字幕付。公開日後も視聴可能
◯マニラ編- Tahanan sa Maynila
3月26日(金) 20時30分

◯ヴィサヤ編- Balay sa Visayas、ミンダナオ編- Dialogues in Mindanao
3月27日(土) 20時30分

◯ルソン編-Tahanan sa Luzon
3月28日(日) 20時30分


▶︎オープニングトーク
*3月26日(金) にオープニングトークを実施いたしました。
出演者:藤田貴大、ゲラン・ヴァレラ=ルアルカ(劇作家)
聞き手:鈴木 勉(国際交流基金)
通訳:夕美・カルデロン
日本語English

マニラ編- Tahanan sa Maynila 

ヴィサヤ編- Balay sa Visayas

ミンダナオ編- Dialogues in Mindanao

ルソン編-Tahanan sa Luzon


「TAHANAN」
作・演出:藤田貴大(マームとジプシー)
フィリピノ語翻訳:ゲラン・ヴァレラ=ルアルカ

キャスト

[Tahanan sa Maynila]
Phi Palmos, Brian Sy, Jam Binay,
Lhorvie Nuevo, Sabrina Basilio, Xander Soriano

[Balay sa Visayas]
Noel Pahayupan, Jerrey David Aguilar,
Ron Matthews Espinosa, Arjay Babon,
Onna Rhea Cabio Quizo, Hope Tinambacan

[Dialogues in Mindanao]
Felimon Bonita Blanco, Hassanain Magarang,
Rosalie Escala-Sharif, Denise Mordeno Aguilar,
Ted Nudgent Tac-an, Kenn Erwin Velasquez

[Tahanan sa Luzon]
Skyzx Labastilla, Che Ramos-Cosio,
Kath Nobleza, Luisito Nario, Jerome Dawis,
Joshua Tayco, Hope Tinambacan

映像:召田実子
アシスタント:的場裕美、油井原成美
映像アシスタント:小西楓、宮田真理子
制作:林香菜、古閑詩織
通訳:夕美・カルデロン

主催:国際交流基金マニラ日本文化センター
協力:Tanghalang Ateneo、Kasing Sining、Teatro Guindegan

©2018 mum&gypsy