「IL MIO TEMPO-わたしの時間-」
ワークインプログレス

2016年8月9日

ご予約はこちら
Reservation is Here.

「IL MIO TEMPO」ワークインプログレス
“IL MIO TEMPO” work in progress

作・演出 藤田貴大/Director Takahiro Fujita

<出演/Cast>
荻原綾 Aya Ogiwara, 川崎ゆり子 Yuriko Kawasaki,
成田亜佑美 Ayumi Narita, 波佐谷聡 Satoshi Hasatani,
Andrea Falcone, Giacomo Bogani, Sara Fallani, Camilla Bonacchi

<日時/Days>
2016.October,12th-14th
10.12(Wed)19:30
10.13(Thu)19:30
10.14(Fri)14:00
*開場は開演の10分前です。House will open 10 minutes before the show starts.
*上演時間は約90分です。Performance time is about 90 minutes.

<会場/Venue>
彩の国さいたま芸術劇場 中稽古場1
Sainokuni Saitama Arts Theater

<チケット料金>
ご予約 1500円/ Reservation 1,500 yen
*チケットの受付開始 10月8日(土)10:00〜
Ticket reservation start is October 8th at 10:00.

<お問い合わせ>
マームとジプシー mum_gypsy@yahoo.co.jp

主催 合同会社マームとジプシー
提携 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
助成 セゾン文化財団 株式会社資生堂

「IL MIO TEMPO」ということで、イタリアのみんなと、とても大切な時間を過ごしています。

2013年に初めて、イタリアのフィレンツェにて、マームとジプシーは公演しました。

そのときに、いつかイタリアのみなさんと作品をつくりたい、とそのときのフェスティバル・ディレクターに伝えたのが、「IL MIO TEMPO」の始まりです。

翌年、2014年にイタリアのツアーにて(メイナ、ポンテデーラ、フィレンツェ、アンコーナ、メッシーナ)、ぼくらは各地でワークショップを開催しました。

そこで出会った俳優たちのなかに、「IL MIO TEMPO」に出演することになる、アンドレア、ジャコモ、カミーラ、サラの四人がいました。

そして去年、2015年に再び訪れたポンテデーラにて、「IL MIO TEMPO」、つまり「わたしの時間」ということで、日本からは、荻原綾、川崎ゆり子、成田亜佑美、波佐谷聡の四人の俳優が出演することが決まって、具体的にひとつの作品をつくる作業に取りかかりました。

つまり今年、2016年は、この企画が動き始めてから四年目です。

こうしてじっくり時間をかけて、かんがえて、作業しつづけているわけですが、今年の「IL MIO TEMPO」は、イタリアのみんなを初めて日本に招いて、リハーサルしています。

会場は、八月から途切れることなく、マームとジプシーの活動を見守ってくれている、彩の国さいたま芸術劇場にて。今回も引きつづき、ご協力いただいています。

来年以降、公演としての予定もある「IL MIO TEMPO」です。もちろんのことですが、大切にしていこうとおもっている「時間」です。

今年は、ワーク・イン・プログレスということで、この作品が構築されていく過程を発表します。
合間に、ぼくがすこし、この企画について、話しながら進行していきたいとおもっています。

つくる、とは相変わらずかんがえていることなのだけれど、どうしてなのでしょう。
でもやっぱり、きょうも、つくっています。

2016.10.5 藤田貴大

I have been having a very precious time with Italian members for ”IL MIO TEMPO.”

Mum&gypsy had its first performance in Italy, Florence in 2013. I told the festival director in Florence that I would like to create a new production with Italian actors some day. That was the beginning of “IL MIO TEMPO.”

Next year in 2014, we had an Italian tour to visit Meina, Pontedera, Florence, Ancona and Messina for performances and workshops.

Andrea Falcone, Giacomo Bogani, Camilla Bonacchi and Sara Fallani were four actors among the people I met and they became the actors of ”IL MIO TEMPO” later.

Last year in 2015, I visited Pontedera again with Aya Ogiwara, Yuriko Kawasaki, Ayumi Narita and Satoshi Hasatani and started to create one particular production called ”IL MIO TEMPO.”

In 2016, this is our fourth year since we launched.

We have been taking it slow and taking some time to think and work continually. I have invited them to Japan for the first time to rehearsal this year. We have been having the rehearsal in Sainokuni Satitama Arts Theater where they have perpetually supported mum&gypsy since August. They have given us continuous support.

We have a plan to officially present ”IL MIO TEMPO” from next year onward. It is certainly going to be precious “TEMPO”(time) until then.

We will introduce you the piece as a Work-In-Progress this time, and show you part of the processes how they are structured.

I think I will talk a little bit about this project in between to facilitate.

I have been thinking about long time what is creation. Why have I been thinking? I don’t know, but I create just the same today.

2016.10.5 Takahiro Fujita