めにみえない みみにしたい

2017年12月24日

みえないWEB

藤田貴大が、4歳から大人まで一緒に楽しめる作品を発表します。

詳細はこちら
彩の国さいたま芸術劇場広報誌「埼玉アーツシアター通信vol.73」でのインタビュー記事はこちら

『めにみえない みみにしたい』
作:藤田貴大
出演:伊野香織、川崎ゆり子、成田亜佑美、長谷川洋子

【さいたま公演】2018年4月29日(日・祝)~5月6日(日)
【吉川公演】2018年5月12日(土)・13(日)

めにみえないものが、みえていたころ。みみにしたいものに、みちていたころ。
言葉にすることが、できなかったこと。言葉にしなくても、わかっていたこと。
あのころみえていた、ぜんぶの風景と。きこえていた、その連続を、そのまま。
そのままのかたちでおもいきり描いてみることができる、いい機会だとおもう。
作品づくりのあたらしい輪郭がみえてくる瞬間が、ここに、ある気がしている。

藤田貴大

<あらすじ>
森には、めにみえない生き物と、みみにしたい鳴き声が、あふれていた。
今夜は、目を凝らし耳を澄まし、小さな灯りをたよりに、森へでかける。

この森には、かつて。
なにもかも、すべて。
存在し、生きていた。

やがて、辿りついたふるいお家。
いつかみたことがある。みみにしたことがある。
もしかしたら、ここに。
遥か、ずーっとむかし。まだ生まれてないころ。
もしくは、夢のなかで。
訪れたことが、あったような気がするのだった。