mum&gypsy

NEWS

MUM & GYPSY Title T Project vol.2

2020/08/10

マームとジプシーがこれまでに発表した作品の、タイトルにまつわるグッズを販売いたします。

第二弾は、「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。」「BEACH」の2タイトルのTシャツを製作しました。

「ΛΛΛ〜」は第一弾Tシャツと同じく大きめのシルエットのTシャツ、「BEACH」は夏らしくぴったりとしたシルエットのリンガーTシャツに、各作品をイメージしたビジュアルを、タグには作中にあった台詞の断片を印字しています。

それぞれの作品のタイトルと言葉が、観劇して得られる体感とすこし異なった感触を持って、みなさまのお手元に届くことを期待しています。

 


 

ΛΛΛ

かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。

 

  • Sサイズ

■カラー:ホワイト・ブラック・サンドカーキ
■サイズ:S M L XL
■モデル身長:S=160cm M/L/XL=175cm

¥3,500(税・送料別) 購入はこちら

 

「かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。」は、藤田貴大が2012年に第56回岸田國士戯曲賞を受賞した三連作です。
2014年、そして2017年の10周年ツアーでは、「帰りの合図、」「待ってた食卓、」を再構築した「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっとーーーーー」を藤田の故郷である北海道伊達市でも上演しました。

種類はホワイト・ブラック・サンドカーキの3種。前面、左胸部分には、作品を象徴する『ΛΛΛ』の記号と、背面には、英題を印字しました。文字の色味がTシャツによって異なるとともに、サンドカーキはポケットがついたデザインとなっています。

 

 

潮風に当てられている

海猫の、鳴き声がする

こんな海で なにが釣れるのだろう

お母さんの、匂いがする 気がする

あの日も、そうそう 雨だった

わたしは、もう あの町には、帰れないとおもった

帰らないと、決めた

もう、残っていないかもしれない あのころも、食卓も

とおくから、帰りの合図がきこえた 気がした

懐かしんでいちゃいけないかな

振りかえっちゃ、いけないかな

食卓は いまでもわたしを、待っているのかな

どうかな

 

I am feeling the sea breeze.

I hear the black-tailed gulls shrieking.

I wonder what you could catch in the sea like this.

This smell reminds me of Mom,

a nostalgic smell. I think it does.

Yes, it was also a rainy day.

I thought I would never be able to

go back to my hometown again.

I decided not to go back.

I may not be able to find the time

or dinner of those days, anymore.

Far off in the distance,

I think I heard the chime to call it a day.

Shouldn’t I miss it anymore?

Shouldn’t I look back?

Is the dinner table still awaiting me?

I wonder if it is.

(タグ掲載テキスト)

 

関連ページ
・MUM & GYPSY 10th 特設ページ(2017)
・毎日新聞掲載(2017)
・白水社 書籍ページ

■サイズ
ボディは共通して、通常のTシャツより若干身幅が大きめで、肩位置が落ちたビックシルエットを採用しています。

■素材:綿100% セミコーマ糸

■中国製

■その他

・同系色と一緒に洗う
・無蛍光洗剤使用
・アイロン当て布使用
・プリント部分アイロン禁止
・染料の性質上、素材や汗などによって色移りすることがあります。

 

BEACH

 

  • Sサイズ

■カラー:ナチュラル×デニム
■サイズ:S M L XL
■モデル身長:S=160cm L=175cm

¥3,500(税・送料別) 購入はこちら

 

「BEACH」はドイツのシューズブランドtrippenとマームとジプシーのコラボレーションシリーズ、第一作目の作品です。

中央のイラストは藤田自身がBEACHをイメージしながら描いたものです。
Tシャツとインクの色味にこだわり、一着一着自分たちで手刷りをしています。古着のような雰囲気をもった一着となりました。

 

 

ここには、砂浜はない 海も 波もない 風もない

太陽も 太陽がつくる、影もない

そう、ここはビーチじゃない

はじめて 靴を履いたときのことなんて、憶えてもいない

おそらく、思い出すこともない

けれども、きょうも歩いて ここまで来た

退屈を埋めるため?

現実をうやむやにして 持て余した時間を埋めるため?

わたしたちは

飛ぶことも 泳ぐこともせずに、歩くことを選んで

かかとを地面に、落として

ここで この場所で 立ちどまっている

わたしたちは

ここで この場所で、過ごす時間を 選んだのだった

 

No sand, no sea, no waves, no wind, no sun,

no shadows cast by the sun.

Right, this is not the beach.

I don’t remember when I put on

my shoes for the first time.

I probably won’t ever be able to recall that.

But I know I came here on foot again today.

Are we here to escape boredom?

Do we want to relieve ourselves from reality

and squander away our time?

We don’t fly or swim.

We choose to walk instead.

We stand on the ground with our heels attached.

We stand still on the place right here.

We chose to spend some time here in this place.

(タグ掲載テキスト)

 

関連ページ
BEACH BOOTS PLOT(2018)
「BEACH」トークイベントpart1(2018)
「BEACH」 トークイベントpart2(2018)

 

■サイズ

■素材:綿100% オープンエンド糸1

■中国製

■その他

・同系色と一緒に洗う
・無蛍光洗剤使用
・アイロン当て布使用
・プリント部分アイロン禁止
・染料の性質上、素材や汗などによって色移りすることがあります。

 

モデル:青柳いづみ 近藤勇樹

撮影:井上佐由紀

ヘアメイク:大宝みゆき

Tシャツデザイン:六月 マームとジプシー

翻訳協力:門田美和

 

※第二弾Tシャツの予約受付/販売開始は8月14日10:00から予定しています。

※マームとジプシーオンラインストア内の商品、お買い上げ¥5,000以上で送料無料とさせていただきます。

©2018 mum&gypsy